武田光太郎の父である洋画家「武田範芳」

ル・サロン(フランス政府展)金・銀・銅等数々の国際賞を受賞し、色の魔術師と呼ばれた。

パリ・ヨーロッパの風景、ギリシャ、ピエロなど大きく三部作に分かれる。

-画歴-

1913     北海道旭川市に生まれる

193339   上野山清貢、牧野虎雄に師事、本郷研究所に学ぶ

1962     渡欧

196268   フランス国立美術研究所、アカデミー、グランドショミエルに学ぶ

196364666768    ル・サロン出品。金、銀、銅賞受賞

196364656667    シュビジー国際招待出品、’63年最優秀作品賞、’66年シュビジー賞受賞

19636467        サロン・ナショナル・ボザール展出品    

1963               この年から、デュッセルドルフハンブルグ、ロンドン、香港、バンコクなど   海外で個展を7回にわたって開催

                                                                                                             

1963  サロン・ドートンヌ展出品

1967  テアラーヌ展招待出品(パリ画商主催)

1968  サロン・インターナショナル・ドービル、グランプリ展、佳作賞

1968   グランプリ・インターナショナル、コートダジュール展、佳作賞

1978.  北海道近代美術館買上げ

1978.  紺綬褒章受章

1969.

  以後、日本国内においては無所属の画家として活躍。全国的に個展を開催。

オリジナル版画(18万円〜20万円)

1980.    フジTV・テレビ美術館の取材を受け、放映される

1985.〜89.  毎年、東急百貨店本店にて個展を開催

1989.    7月29日死去

1989.    9月、パリ国連ユネスコ、ミロホールにて41点の近作展を開催。この展示会において、アフリカ マリ共和国に対し作品および教育資金を贈る                                      

1989.日本赤十字本社に所蔵される

1989.北海道旭川近代美術館買上げ  

                                サーカス印象:テレホンカードとして好評発売中

                (¥1500)

 に戻る